リンク集:スーパーコピーブランド専門店 ,ロレックス時計スーパーコピー ,ロレックス時計スーパーコピー ,シャネル時計スーパーコピー ,ウブロ時計スーパーコピー ,カルティエ時計スーパーコピー ,ウブロ時計スーパーコピー ,パネライ時計スーパーコピー ,オメガ時計スーパーコピー ,ルイヴィトンバッグスーパーコピー ,グッチ財布スーパーコピー

記事一覧

営業マンはボロ雑巾?

二度目の転職

今度の転職は自分で就活して決めた会社でした。
生真面目な?性格のため退職後に就活を始めました。 すでに2児の父親でしたから、じっくりと次の就職先を探しているだけの蓄えもない状態で焦りがありました。

就職を決めたのは、大阪本社の省エネ機器を販売している会社でした。 元々電機メーカに勤務していたので原理は理解できた事と、歩合制に魅力を感じての就職でした。  基本給は15万円目標のノルマを達成したら歩合が付くシステムです。  私は最低手取りで30万の給与が欲しかったので結構必死で働きました。 
 
当時は省エネシステムのはしりでしたから、今とは全然違っていて結構いい加減なシステム?だったように思います。
それでも気持ちはトップセールスマンを目指して新鮮な気持ちで働きました。

まずは、1.新人営業マンの記録を塗り替える
     2.会社のトップセールス記録を塗り替える
     3.最後にトップセールスマンを維持する

これを目標に自分の自動車(軽の箱バン)で、中国地方から四国まで営業をしてきました。

当時は本当にお金が無く、大手の会社に勤務していても給与は安く会社を辞めるのは自己都合だから東京からの引越代は自腹(当時は高かったです)、おまけに広島での借家の敷金や前家賃で貯金はほぼ無し・・・・  仕方なく当時の自家用車を売って親父が乗っていた軽の箱バンを譲ってもらい営業に使っていました。

社長が営業会議にやって来た!
毎月大阪から社長が営業会議にやって来ました。 会議の後は広島支店の全員(7~8名)と食事です。  「首から金のネックレス、手首にも金のブレスレット」・・・・あなたは何者?車はM社のS500?まるで何処かの・・・・

当然と言ってはいけませんが、毎日電話でのハッパはすごかったですよ!  

私が入社して何人も営業マンが入れ替わりました。  私は自分の給与のため一生懸命働きながら「このままでは、この会社に一生は勤められない!」そんな不安が日に日に大きくなり始めました。
当時はまだ今の時代のように簡単に退職したり就職したりはしていない時代ですから、結構不安でした。

そんなこんなで半年もしない内に課長に昇進、支店長退職後は自動的に支店長昇格????  これはまずい!!!

さすがに私も「この会社にいたらボロ雑巾として扱われる!」とやっと気が付きました。(笑) 今から考えれば、歩合給の会社なんてどこも同じですよね・・・・

「このままではまずい! しかし、中小企業の社長なんてみんな当てにはならん!」 自分でやるしかないか????
でも「三無」(金無い・名誉無い・経験が無い)私が「社長」なんて出来るの????

自信がなかった私は当時の仲間二人を誘い独立することにしました。

三人が平等に資本金を出資して新会社を作ろう!
ということになりました。
当時は平成3年の商法改正前であり、改正後は株式会社1000万円 有限会社300万円の資本金がいることになっていました。

そんな大金!持っていません。 商法改正前に何とか会社を作ろうということで、各自100万円を用意して会社を作ることに・・・
しかし、実際は他の二人は100万円が用意できずに私1人が父親から借用書を書いて用意しての船出でした。

これから夢に向かって頑張るゾー! と会社の登記を済ませて小さなワンルームマンションに借りた事務所に帰ってみると、そこに待っていたものは・・・・
とんでもないことに

次回はとんでもない船出
創業者の方々は沢山おられますが、私のような目にはなかなかあったことは無い位の衝撃的な出来事でした。